密室の中でおもうこと

今日の朝、出勤途中の道路で、見知らぬ猫が車に轢かれておりました。運転中に確認したのですが、もう、かわいそうでかわいそうで。じんわり涙が出てくるのです。車の中というのはかなりのプライベート空間で、四方はガラス窓とはいえ、完全な密室空間。まるでひとりでいるのと同じで感情がおさえられない。よく昔、子供の頃だったかな、「死んだ猫をかわいそうって思うと霊がついてくるよ!」って友達に言われましたが、それならそれでいいやと、そんな猫を見かける度にいつも、心の中で「おいで!」ってつぶやき続けてきたわたし。・・・すみません、不気味ですかね?もし、美輪さんや江原さんに視てもらう機会に恵まれたら、『おぉ、怪我した猫がいっぱいいますね・・・』とか言われるんじゃないかと(笑)。それならそれで全く構わない!

ある朝、幼稚園バスを見送る数人のママ軍団の中のひとりがバスの中の子供に手を振るのを見たときに、すっかり幼稚園に通う自分に戻ってしまっているのに気付きました。笑顔で、でも少し心配そうに見送るその幼稚園ママの表情に、何十年前の母の姿を重ねている。そして、また涙が出てくるのです。。。まぁね、ちょっと考えれば、私が感情移入するのは、年齢的に幼稚園生の方ではなく、母親の方ではなくてはならないのではないか!と気付き、我にかえって苦笑。成長してないんですかね?微妙・・・(^_^;)

ある日、車内で自分で編集したCDを聴いているとき。いつも聴いているお気に入りの曲ばかりのCDのはずなのに、ある日いきなりその中のひとつの曲が、胸に深く深く沁み入るようになり、妙に琴線にふれてくることはないですか?急に今までと違ったように聴こえてきたりしませんか?突然、涙があふれたりしませんか?

仕事からの帰り道、お散歩中のワンコに会って、ただ飼い主に連れられて夕方のお散歩をしているだけのよくある風景なのに、なぜかとってもとっても、犬が嬉しそうに見えて、幸せそうに見えて、「よかったね、よかったね、」と泣けてくるのです。ずっとかわいがってもらいなよ、なんて。まぁ、犬にとってはまったく余計なお世話なんですが(笑)

いろいろと思いつくまま書いてみましたが・・・ただ、みなさんもこんなことがよくあったりするのかな、なんて ふと思ったのです。もしあるのならどんな時なんだろうと。きっと人それぞれ違うんだろうなと。
ただ自分が歳をとって涙もろくなっただけとはどうしても思えずに、こうして書いてみております。じたばた。

ちなみに私、友達や家族と一緒の時はほとんど泣きません。というか、なるべくそういうふうにしているし、映画とか観てもやたら我慢することになってしまうので、泣きそうな映画やTVや本は、必ずひとりで見ることにしています。(ぴこは例外)
そして思いっきり泣く!わんわん泣く!浄化作用。我慢はよくない。のびのび泣こう。

みなさんは、家族や友達の前で号泣できますか・・・??
[PR]
by pitschi7 | 2010-09-14 22:33 | daily | Comments(14)
Commented by メガネ at 2010-09-15 12:37 x
「死んだ猫を・・・」は、聞いた事あります。
忘れられない轢かれた猫ちゃん体験があるのですが・・
片側一車線で、比較的車間距離を置いて流れるように運転中・・・
前車の後方から轢かれた猫発見!!避ける事は出来ずにまたぐ形を決心して走行・・・近づく猫・・・目が合った???!!!
息があったのか?無かったのか?目のレンズが光ったのです(;-;)
息があったとしたら・・遠のく意識の中・・次々と上を通り過ぎる車を見送っていたのか・・・と・・時々思い出します。
Commented by DEMI at 2010-09-15 16:50 x
素敵な事ですね。
感受性豊かな人って好きです。そう言う人がいて安心します。

私はここ数年、蝉の亡骸を見ると切ないのです。
6年間も土の中に居て地上で生きる日数は7日間だけ。
道路に転がってる亡骸を保護したりするんですよ。
だって、人や自転車などに踏み潰されたら可哀想ですし。
ましてや子供に悪戯されては嫌だし。
だから拾っては木の下にそっと置いてあげます。
土に返れば良いかなって。道路よりは・・・

変ですか?^^;

夏の初めに蝉が鳴き始めると嬉しくなるし
夏の終わりに弱々しい鳴き声に哀しくなったりします。

やっぱり変?^^;
Commented by kanokichi at 2010-09-15 19:02 x
うん、しばらくあれこれと思いを巡らせました。ぴっちはやっぱり愛情深い上に、感受性が豊かなのだよ。大切に育てられたからこそ、母親へ、見ず知らずの猫や犬へも、愛が溢れているんだね。愛のある日常。確かに密室(車は)自分の感情が結構あらわになる場所だよね。
泣くのはもちろんひとりのときに限ります!
Commented by pitschi7 at 2010-09-15 19:34
メガネさん
私のこんな つぶやき を読んでくださってありがとうございます~(^v^)そう!いきなり前の車の下から登場されるともう避けられないですよね・・・うぅぅ、緊張の一瞬。。。
きっと目を開けたまま亡くなっていたんですよ。そう思いたいですよね。そういうことにしましょう!(断定)
あぁぁ、やっぱり野良猫はこれだから心配です。全員家猫になれたらいいのに!
Commented by pitschi7 at 2010-09-15 19:43
DEMIさん
コメントありがとうございます、夕べ記事をUPしたけど「いやー、あんなつぶやき日記みたいなの載せちゃったけど、なんか微妙だったかな~?」と不安に思っていたので(笑)、皆さんに読んでいただいてうれしいです。
DEMIさん、蝉に対してなんておやさしい!!私はどうも 虫類 のことはなにも考えずに暮らしているので、「DEMIさん、こんなに蝉のことを・・・!」と衝撃を受けております。実は私、虫が苦手なのですが、これからは蝉の亡骸を発見したらDEMIさんを思い出して、心の中で弔うことにします☆
Commented by pitschi7 at 2010-09-15 20:00
kanokichi
嬉しいコメント、ありがとう~(*^v^*)訂正コメントを受け、それらしき箇所を除いて書き込んでみました。なぜか、私の方からだと非公開メールにできないみたいなので、再コメントしたけどこれで大丈夫?だったかな?ちなみに、削除部分もすごくよくわかるっ!!!私今かなりネガティヴ気分なんだよね(笑)
そして、残念ながら私の「愛情」と言えるかもしれないモノはとても偏っています・・・・。なので、そんなふうに言ってもらうと、恥ずかしくて顔から火。ケモノへの偏愛?!(毛深い人が好きなわけではありませぬ)
Commented by miracle-mule at 2010-09-15 21:54
kanokichiさんのおっしゃるとおり
ぴっちさんは大事に育てられたのだなと思います。
連れあいも同様のことを申しておりました。
細やかさとはつらつぶりのバランスが絶妙です、よ。
Commented by tomy at 2010-09-15 22:09 x
わたくしは涙腺が弱いので、すぐに目が潤んできます。特に子供のことになるとやばいです。
先週の土曜日小学6年の子供の運動会。かわいそうなことに、父親ゆずりの運動神経の悪さで、競走でビリになったり、リレーで抜かされたり、組体操でも決して器用にこなしてるとは言えないが、一生懸命がんばっている姿を観ているだけでウルウルして来てしまった。周りに人もいっぱい居たので、こらえるのに大変でした。
Commented by pitschi7 at 2010-09-16 05:23
milacle-muleさん
嬉しいコメント、本当にありがとうございます!いただいたお言葉を胸に日々精進いたす所存です。今後ともよろしくです。
皆さんに「大事に育てられた」と言っていただくと心が痛む・・・というのは、照れくさくて、家族へはほとんど優しい言葉をかけたりできていないから。つい家族に対してぶっきらぼうになってしまう、思春期の男子のような私です・・・え~ん!
Commented by pitschi7 at 2010-09-16 05:30
tomyさん
わぁー、なんだか目に浮かぶわー。子供がいたら、こうした場所(卒業式や入学式なんかもね)には、涙なしでは出席できないだろうなぁ~と想像しちゃいます。最近のデジカメやビデオはレンズを覗かなくてよくなったから、涙目を隠したりできないよね(笑)
コメントを読みながら、tomyさんの小学生時代が思い出されてすごくほほえましくてニコニコしちゃいました(^v^)/当時は毎日が楽しくて仕方なかったよ~、学校が大好きでした。勉強はそうでもないけど。
Commented by naka0730 at 2010-09-19 16:27
ぴっちさん、こんにちは~♪
ぴっちさんと私って感性がすごく似ている気がします。
特に動物のこととなると涙を流すことが多いです。(一人でね^^)
そうそう、私も車を運転していて猫が轢かれてしまっているところ
を見たりするとほんとにそう思います。
私も三輪さんや江原さんに視てもらったら、きっと言われちゃいますね。私はね、ずいぶん前に牛が殺される前に涙を流して
いたのをニュースで観て、かわいそうでかわいそうで牛肉が
一時食べられなくなっちゃいました。
「食堂かたつむり」も飼ってた豚を殺すシーンがあるって聞いて
結局観に行けなかったし・・・。
主人や子供たちは呆れてましけどね(笑)
今はね、沼津の仲見世あたりにたくさんいる野良猫
に興味津津。
私も野良ちゃんが家猫になればいいのになって
つくづく思っています。
Commented by pitschi7 at 2010-09-20 03:28
チャコさん
やっぱり!!似てますね・・・牛の殺処分のニュースはたしかに辛かったですね。以前のイギリスの例をニュースで取り上げていた時、クレーンかなにかで吊るされた牛の映像を見て、またまたかわいそうでかわいそうで・・・。
(でも何気に牛肉は食べてました・・・^_^;)
「食堂かたつむり」そんなシーンがあるんですね!知らなかった・・・。はっ!ではもしかして、私のスペイン旅行の記事1日目のコブタちゃんは、チャコさんにはお見せしてはいけない写真だったかも。失礼しました・・・(汗)
その後、体調はいかがですか?なんかblog記事読んでつらそうだったので心配していました。早く復活して元気なチャコさんに戻られるよう祈っています☆
Commented by freetime99 at 2010-12-17 18:06
何だかすごい反響だね。
みんな思うところっていろいろあるんだね。
私もぴっちと同じで友人や家族の前では決して泣きません。
でも、今回母の葬儀のときは思いっきり泣かせてもらいました。
我慢できる訳ないしね。入院中も見舞った後、F宮まで帰る高速でもよく泣いていました。でも一度かなり危険な目にあったよ。
泣きすぎてコンタクトがずれちゃって前が見えなくなったのだ。
これはかなり怖い!!足柄のSAがすぐだったので入ったけど
高速で泣く時は気をつけよう。
Commented by pitschi7 at 2010-12-17 23:05
happy
やっぱりhappyも私と同じだね。なかなか人前では泣けないよね。
でも泣くのってホントにすごく大切。happyママのお葬式の時、happyがいっぱい涙を流せてよかった。TVでやってたけど、よく「泣いたら故人が心配して成仏できない」っていうけど、あれって逆の場合もあるんだって。いっぱい泣くのは故人のためでもあるし、自分のためでもあるんだね。
でももう高速では泣かないでよーーー!!happyのお葬式には出たくないからねっ!!
<< 秋の収穫 Spain 7days / B... >>