No Books, No Life

という、タイトルですが、正直に言うと私は決して 読書家 ではありません。ただただ「本」や「雑誌」がすきなだけの人なのです。
c0207114_21235640.jpg

仕事帰り、用事のない日はほぼ100%本屋さんに寄ってしまうわたし。ぐいぐい買っちゃう日もあれば、立ち読みだけにとどめる日も。数年前、仕事帰りに立ち読み中、時間を忘れて読み続け・・・お腹が減りすぎたせいなのか、目の前がいきなり真っ白!になって、本棚に頭をゴンッ!とぶつけてヨロヨロ。。。ものすごく気持ち悪くて、もう普通に歩けなくなった私は、かなり妙~なカタチの前傾姿勢で、お店の前に停めてあった自分の車に倒れこみ、しばらく休んで事なきを得ました。店員さんに救急車を呼ばれる前に逃げなきゃ!と必死に。。。冷や汗びっしょり、自分にびっくりした事件でした。
そんな私が、日本の本屋さんに行けなかった約3年間・・・想像していただけるでしょうかっ?!夢にまで見る日本の本屋・・・。
ドイツの部屋でくつろいでいる時にふと、日本にいるような気になってしまうことがあるのです。そして、ごくごく自然に「そうだ、あとでちょっと本屋さんへ行こっと♪」とか思ってしまい、直後に絶望するという悲しさを幾度も幾度も味わいました。幸い、デュッセルドルフには日本の本や雑誌を扱う、「高木書店」という本屋さん(今は移転してちょっと違う感じになったのかも。同じ場所に違う本屋さんがあるらしい)があって、定価の2~3倍くらいの値段を出せば、本が買えたのですが、ご想像通り本の種類はものすごく少なくて・・・・。まぁそれでも自力で行ける場所にそれがあるとないとでは雲泥の差。ありがたく通わせていただきました。(そして散財しました・・・)
イギリスに至っては、近所にそんな本屋は全くなく(もちろん英語の本は買えますが)、ロンドンまで行かないとならなかったのでもう本当に大変!Amazonで、実家に本を送りつけ、小包で送ってもらうという・・・今から考えると本当にもったいないことしてました。本は重くて送料かかりますからね~、でもそのぐらい切実だった当時の私です(涙)
その後めでたく帰国し、本屋さんに行き放題になった私!(笑)そんな私の、お気に入りの本屋さんweekend booksさんの第2回目の夜営業がありました☆私の得意とする?仕事帰りに寄れるパターンですね(^v^)フフフ
地元にあるとは思えない素敵な雰囲気で、大人だけのサロン と化していたその夜のweekendbooksは、なんだかいつもよりちょっと大人の世界に連れて行ってもらえたような・・・(実際私の年齢はもう充分に大人なのですが)、自分もおしゃれな大人になれたような・・・とにかくすごく楽しい気分で、家に帰ってからもしばらく余韻に浸っておりました。お話ししてくださったみなさま、ありがとうございました!
せっかく大人の気分なのに、その日求めた本は「ダーシェンカ」。ははは。
[PR]
by pitschi7 | 2010-10-26 22:14 | book
<< No Cat, No Life ぴこマンガ ★じゃれっこモーラー編 >>