Hans Fischer の世界

大好きな絵本、『こねこのぴっち』
ぴこが子猫の時 ぴっち と名前をつけたくらい好きなのですが、その呼び名全く定着せず・・・今は私のハンドルネーム。ぴこのお下がり(笑)
ネコ友のメガネさんから、「こんな展覧会がありますよ~♪」と教えてもらって、大興奮!これは・・・ちょっとぐらい遠くても行かねば!私が行かねば誰が行く!・・・くらいの勢いで(笑)行って参りました。
c0207114_12555393.jpg
            ↑電線が邪魔、おまけに雨が降り始めた・・・

展示会場に入ると、垂涎モノの下絵スケッチや原画、版画の数々!!こねこのぴっちはもちろん、「たんじょうび」「ブレーメンのおんがくたい」「長ぐつをはいたねこ」「るんぷんぷん」・・・他にも日本ではまだ発表されていない作品まで、展示がたくさん!見る時間が足りなくて焦り、落ち着いた精神状態で見られないくらいでした(笑)おまけに、「たんじょうび」に出てくるリゼッテおばあさんの椅子が展示されているではないですかー!同じ色、同じ形。すごい!「小さな絵本美術館」館長の武井さんが、フィッシャーの娘さんから譲り受けたものだそうです。正真正銘の本物。うらやまし~い!展示室内はもちろん撮影禁止でしたが、この印刷パネルだけは写してもいいそうです・・・ついでにすぐとなりにあった、展示会のポスターが印刷してある看板をBlog用に撮ろうとしたら、見張りのおばさんに叱られちゃいました(涙)ただの印刷物・・というか看板だというのに、なぜそんなに厳重・・・?
c0207114_193186.jpg
ユーリー・ノルシュテイン展でも同じように思ったのですが、実際の出来上がった絵本がいいのはもちろん、しかしそれが出来上がるまでのスケッチや、ごく簡単に描かれた下絵の状態のものに、完成絵本以上の魅力を感じます。作成中の空気感が宿る、未完成のものの良さ、というのか。そういえば、酒井駒子さんの「よるくま」の下絵もとっても素敵だった。今回の展示も今までの感動を更に更に上回る、本当に素晴らしいものでした! 2010年11月7日まで

かわら美術館 
愛知県高浜市青木町9-6-18
0566-52-3366

ちなみに、今回はじめて知ったのですが、フィッシャーの奥様ビアンカは子供の頃「ぴっち」と呼ばれていたんだそうです。イタリア語で おちびさん という意味らしい・・(ハンス・フィッシャーはイタリア人ではなくスイス人です、念の為)



名古屋には急に行けることになったのですが、なんとこの日はよりによって日本シリーズ進出を賭けての中日×巨人戦(-_-;)そのせいか、値段や場所がちょうどいいと思える宿泊場所が全くおさえられず・・・あきらめかけたところで、東横インをなんとかキープ。初めて泊まったんですが、さすが大手ホテルチェーンですねー、いろいろ機能的に出来てて感心しました。一番いいと思ったのが、洗濯できるスリッパ。よくある使い捨てスリッパは気持ちいいけどもったいないし、部屋に普通に置いてあるスリッパはなんだかベトベトするような気がして気持ち悪くて履く気がしない。部屋にあったものは洗濯ネット?みたいな素材でできていて、濡れてもすぐ乾きそう。エコだし、清潔♪
朝食も過度なサービスは全くなくて、テーブルもなんか廊下で食べてる?(笑)みたいな雰囲気だったけど、味もシンプルでおいしいし、ビジネスホテルの朝食はこれで充分!って思いました。でも、ビジネスマンの皆さんは連泊してたらやっぱり飽きるのかもね。。

名古屋へは、数年前に友人の結婚式で一度行ったきり。その時は同行した友人と一緒に「ノリタケの森」に行ったくらいで他は全く観られなかったので、今回は初の栄デビュー☆時間があったらもっとゆっくりショッピングを楽しみたかったのですが、今回は主人もいるので自粛?し、「LACHIC」のみに絞りました。しかし、ここは私にとってパラダイス!好きなお店がいっぱい入ってるんですよ~~、ひとりで開店から閉店まで居ろと言われたらいられる自信があります(笑)
c0207114_2232632.jpg

さてとなりの三越の地下でお土産でも買って帰ろうかと、連絡通路で渡ったら・・・なんと、催事場で、大好きな布地のお店「CHECK&STRIPE」の催事をやってるじゃないですかー!なんという偶然。「絶対行きたい、行きたい!」と騒いで、急遽7階へ移動。ネットで売り切れだったリバティの柄もズラリと揃っていて、大満足!でもさっき、ラシックで予定外の買い物をしてしまった後だったので控えめに1m50cmだけにしておきました。スカートにするつもり!

夕飯は味噌煮込みうどん。大正時代から続いているというこちらのお店へ!
c0207114_21532398.jpg
卵入りにしたのに、沈んで見えない~。うどんのコシがすっごく強くて、アルデンテ??って感じでした。想像していたよりも美味しかったです(^v^)となりに座った日本人ビジネスマン、連れの外人さんふたりに、「ベリーベリーフェイマスキュイジーヌ!」と店を紹介。「ウドン、ウィズライス?」一番身体の大きい外人さんだけは「ノー。ウドンプリーズ」
具が少ないので思ったよりお腹がいっぱいにならなかった私はとなりで聞いていて、その外人さんが心配で心配で・・・貴方は絶対ライスも頼んだ方がいいよ~、とは・・・言えませんでした。

山本屋総本家
中区栄3-12-19
11:00~21:00

翌日、ミッドランドスクエアやJRタカシマヤをうろうろした後、友人Tオススメの名物ひつまぶしを食べてみよう!と、「あつた蓬莱軒 陣屋本店」へ・・・行ったら、激混み!!たぶん、一番混んでいる時間に行ってしまった模様。90分待ちです(泣)でもせっかく来たんだから・・・と、予約時間が来るまで熱田神宮へ。これぞ、「ひつまぶしまでひまつぶし」ですよ・・・(苦笑)
熱田神宮前の神宮店(こんなすぐ近くにもう1軒?!すごっ・・・)も、ごらんの有様 ↓
c0207114_22493318.jpg
     ちなみにこちらも90分待ちだそーです・・・(駐車場係のおじさん情報)

c0207114_2240716.jpg
熱田神宮ももちろんはじめて。なんだか、キチンとした服装の人が多いなぁ、名古屋の人はオシャレねぇ~なんて思っていたら!
c0207114_22573539.jpg
七五三の時期でした・・・ガガーン!プロ野球に引き続き、なんてタイミングの悪い私たち。蓬莱軒の激混みもこれが原因?それともいつも混んでるのでしょうか??
腹ペコ状態のまま散歩を強いられ?やっとの思いで、待望の予約時間に♪
c0207114_2334177.jpg
おいしそう~~♪ひつまぶしの食べ方は、まず最初にそのままの味を食べ、次にネギやのりや山葵を混ぜて、最後に出汁をかけてお茶漬けにして3種類の味を愉しむんだそうです。わたし的オススメは2番目の
c0207114_239630.jpg



←この状態(山葵抜き)
長い散歩の後はより一層美味しく感じます~~



あつた蓬莱軒(陣屋本店)
名古屋市熱田区神戸町503
11:30~14:00, 16:30~20:30

ハンス・フィッシャー展にはこの後最後に行ったのですが、蓬莱軒のおかげで余裕だったはずの時間がギリギリになり、冷や汗ものでした。

今回で、名古屋かなりのお気に入りに!もう少し近かったらいいのになーと思わずにはいられませんが、いつかまたゆっくり行ってみたい所です。
メガネさんの情報のおかげで、ずっと気になっていたものにいろいろトライできました!本当にありがとうございましたー(^v^)/
[PR]
by pitschi7 | 2010-10-28 18:55 | travel
<< ねこのきもち! No Cat, No Life >>